わきがの悩みを解消する方法

保険が適用されることもある

わきがのニオイに悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。専用の対策グッズは販売されていることからもそのことが分かります。わきがを根本的に治療する方法としては、原因となっているアポクリン汗腺を取り除くという方法があります。これは、手術となりますので費用が高額になると感じる人も少なくはありません。しかし、手術方法によっては健康保険の適用となるものもありますので、費用負担も少なくて済む場合もあります。

保険適用の為の条件とは

保険適用のわきが手術を受けるという場合には、いくつかの条件があります。まず、手術を行う病院が保険診療を行なっているところであるということを確認することです。美容外科クリニックなどでは、自由診療のみしか行なっていないところもありますし、そうでない場合でも保険診療を行なっていない病院もありますので、注意が必要です。そして、医師がわきがであるということを認めていることです。自覚症状のみではいけませんので、医師の診察をうけるようにしましょう。

様々な方法があります

一般的なわきがの手術というと、ワキの皮膚を切開し、アポクリン汗腺を切除するという方法です。皮膚のシワに合わせて切開しますので、手術の傷痕が目立つということはほとんどありません。剪除法と呼ばれる手術方法の他にも保険適用となる手術はありますので、手術を受けるという場合にはそれぞれの方法のメリット・デメリットを確認してからその方法を選ぶようにすることが後々後悔しないためは大切なことということが出来るでしょう。

わきがは通常の汗臭さと異なり、特定の汗腺から出る体液が特有の臭気を発生させます。衣類の生地に黄色いしみを作る他、発汗量に関係無く悪臭が出るのでこまめに体液を拭き取ることがトラブル回避の心得です。