何が原因!?ほうれい線の3つの種類について

水分が不足する事によって出来るほうれい線

お肌が乾燥する事によって出来るほうれい線は、毎日きちんと保湿のケアをする事で改善する場合があります。乾燥が原因によってほうれい線が出来てしまう人には、スキンケアを適当にしている人や、洗顔後にすぐ化粧水をつけないと肌がつっぱる人が多いようです。こういった方は、まず洗顔方法を見直す必要があります。クレンジングは出来るだけ、クリームやミルクタイプの物が適しています。また洗顔時にはゴシゴシこすらずに、泡で優しく洗うようにしましょう。

生活習慣の乱れによって出来るほうれい線

ほうれい線にとって、不規則な生活や乱れた食生活は大敵になります。睡眠時間が毎日3~4時間程度の人や、外食が多く食事のバランスに偏りがある人などはほうれい線が出来やすくなります。対策方法としては、まずしっかりと睡眠を取る事です。早い時間に寝るに越した事はないのですが、仕事などで難しい方は最低でも12時を回ってしまう前には布団に入っておくようにしましょう。また授分な睡眠を取る事が出来なかった日などは、出来る範囲で結構ですのでお昼寝をする事で美肌に効果を発揮出来ます。

加齢によって出来るほうれい線

人はどうしても年齢を重ねる事により、ほうれい線が出来やすくなります。また加齢によって出来てしまったほうれい線は、改善するのに最も時間がかかってしまいます。この場合、まずは日頃のスキンケアをしっかりと行う事で予防する事が重要なポイントになります。日頃のスキンケアとして、保湿のケアは徹底的に行うようにしましょう。20代を過ぎてしまうとコラーゲンを生成する量が大きくダウンしてしまいます。そのためスキンケアで潤いを与えてあげましょう。

しわの原因は加齢による肌の弾力やホルモン量の低下、紫外線によるダメージ、気温や湿度の変化による乾燥などです。表情の癖によってできてしまう場合もあります。予防法は保湿ケアと紫外線対策を毎日行うことです。